214852-min

カラオケDAMで採点モードをONにして歌ってみると、自分では知らないうちに「しゃくり」と呼ばれる歌のテクニックの回数をカウントされます。

「自分はしゃくりというテクニックを知らないうちに使っていた」と思う方も多いでしょうし、「しゃくりって何となく知っていても出し方が分からない」なんていう方もいるのではないでしょうか?

そこで今回はカラオケDAMで採点した時に良くみかける「しゃくり」ってなんだろう?という疑問について、出し方やコツ・採点との関係についても解説していきます。

スポンサーリンク

しゃくりの意味を解説!

しゃくりの意味を知らない方でも、日常で歌を聞いていればほとんどの人がしゃくりを耳にしています。それ程シンガーなどが良く発声している歌のテクニックなんです。

具体的なしゃくりの意味はというと・・・

すらー-min

  • 発声する時に低い音程から出して上にずり上げる
  • 音楽用語ではスラー、楽器で例えるとチョーキングのようなもの

スラーは学校の音楽の授業で習いますよね。

実際に楽譜で見るとこのような音程の変化になっていて、カラオケDAMで採点中にしゃくりをカウントされた時には、上の音符のような動きで発声していたということです。

楽器経験者の方であればイメージが付きやすいでしょうし、ギター経験者で「チョーキング」といえばすぐにピンとくる方も多いのではないでしょうか。

しゃくりを良く使うアーティスト&実際のしゃくりボイス!!

しゃくりを良く使うメジャーどころのアーティストといえば

  • B’zの稲葉さん
  • L’Arc〜en〜Ciel のhydeさん

などが当てはまると思います。

主に歌い出しと語尾にしゃくりを使用していることが多く、よく耳にしてはいるけれど、そのような発声が「しゃくり」という用語で呼ばれていることを知らない、といった方が大半なのではないでしょうか?

hydeさんはしゃくり多用の歌い方がナチュラルになっていて、歌に強弱を付けるアーティストの場合は、歌の途中でもしゃくりが入ってる場合が多いです。

しゃくりの出し方やコツってあるの?

しゃくりの出し方を実践

まずお手軽な方法として、実際にしゃくりを発声してみましょう。

「ドレミファソラシド」に音程を付けて歌うことはできると思いますが、ここではド→レだけで練習してみます。

ドの後にレを発声しますが、その時にドの音程のまま一旦レを発声してみましょう。ドの音程のままレを発声したら、そのままレの音程まで声をずり上げます。

ド~

レ~(音程はドのまま)

レ~(音程をレまで上げる)

これでまずはしゃくりをお手軽体験です。

実際にはこれらの音程変化をスムーズに繋げて発声していくわけですが、歌う時に自然にそうなっているというのがベストです。

少し低い音定から正しい音程までを緩やかに発声させましょう。

スポンサーリンク

しゃくりのコツ

実際にしゃくりのコツといっても、1か所1か所しゃくり上げているポイントを頭の中で意識しながら、「ここでしゃくり!」というように歌うのはかなりハードルが高いです。おそらくは歌いながら混乱してしまう方が多いでしょう。

そこでナチュラルにしゃくりが入ってしまうコツとして、しゃくりを使って歌っているアーティストの歌い方を真似してカラオケで歌ってみましょう。

これならば歌も上手くなりますが、それと同時にしゃくりも自然に入っている状態になります。知識として覚えるよりも、体で覚えた方が分かりやすいと思います。

それでは次にしゃくりがカラオケDAMの採点にどう影響するのか?少し探っていきましょう!

しゃくりはカラオケDAMの採点にどう関係するのか?

20160501_154935-min

カラオケDAMの採点で特にウェイトを占めるのが音程とリズムですが、しゃくりを曲中に入れると「加点」扱いになり、採点に有利になると言われています。

しかし実際にしゃくりが採点に与える影響は諸説あるようです。

  • ある一定回数までは加点されるが、逆に多すぎると減点対象になる
  • しゃくりを入れた方が点数が下がる
  • 採点でいつもよりしゃくりの回数は多かったのに、点数は普段と変わらなかった
  • そもそもしゃくりは点数に影響しない

これらの意見は闇雲に言ってるわけではなく、実際にカラオケで採点しているが故に抱く皆さんの疑問点だったりします。

意見をまとめて解釈してみると

  • 加点への影響→小
  • 減点への影響→中
  • 点数に与える影響→小

といったところでしょうか。実際はある程度の回数は加点、一定の回数を超えると減点対象になるというのが正しいのかもしれません。

 

なぜしゃくりが多すぎるとダメなのか??

しゃくりは歌のテクニックでもありますが、“違う音程を発した後に正しい音程に直していく”という風にも考えられます。つまり音程は一瞬外しているということです。

まだ歌が上手く歌えない方は、正しい音程で発声できていないので、自然としゃくり状態になってしまい採点時に機械がしゃくりと判定してカウントしているのです。

ですのであまりにしゃくりが多いと機械側が「音程をミスしまくっているぞ、こやつ」という判断を下すのかもしれないですね。それがある一定回数を超えると減点対象になるというカラクリなのだと思います。

まとめ

今回はカラオケDAMの採点において、しゃくりはどれだけ関係があるのかを調べてみました。しゃくりの出し方自体はそれ程難しくないですが、しっかり狙ってしゃくりを出すとなると結構難易度が上がりますね。

カラオケDAMの採点で点数を上げる為には、あまりしゃくりは重要ではないのかもしれないので、それ程意識しないでも大丈夫そうですね。

もしこの記事でしゃくりのことが分かったら、あなたも実践で試してみて下さい!

コメントを残す